エネルギーデジタル化の未来

○書籍 エネルギーデジタル化の未来

○著者 江田健二

○著者が伝えたいこと

スマートメーターデータの活用方法

→電気利用状況を他の事業に生かす

ワイヤレス充電 コンセントがいらなくなる(実際にikeaではそういう家具を販売中)

ブロックチェーン技術により、電気がその場リアルタイムで購入できるかもしれない

以上などの電力ビジネスには多様性がある。

感想・今後に使える点

スマートメーターのデータ活用方法について、普段ただの数字しか見ていなかったが、見方が変わりそうだと思った。

本書では、電気事業者の切り替えが進むだろうと書いてあったが、大手電力の巻き返しがはじまりつつあるので自社独自のものがないと存続が危ういと最近思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする