新しい文章力の教室

○書籍 新しい文章力の教室
○著者 唐木 元

○著者が伝えたいこと

良い文章とは完読される文章である

完読される文章を作るためには、主眼(テーマ)と、主眼に行きつくための経路である骨組みを必要とする。

○感想

書いてある内容がわかりやすく、読みやすかった。文章力がある人が書く文はこういったものなのかと納得した。大事なことが沢山描いてあるので意識して実施できるよう読み直しをして少しずつ自分のものにしていこうと思った。

○今後に使える点

ブログ記事や、職場でのメール等の文章作成に役立てる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする