さわやかバスツアーラジオCM【読書】

○書籍 なぞかけQ
○著者 三遊亭楽生 三遊亭大楽 三遊亭楽市 尾張家はじめ
○著者が伝えたいこと

なぞけかけで頭を動かすよいトレーニングになること

発想力を豊かにするためには普段から多くのことに興味を持ち、自分なりの生きた言葉を頭の中にもつことが大切

一つの言葉は他の多くの言葉に関連し、繋がっている。しの繋がりを発想できることがなぞかけでは重要。この発想力は必ず日常や仕事にも生かせる。

なぞかけはなぞかけを披露する人に共感できる言葉を選ぶことがコツ。

○感想

なぞかけの例題がたくさん載っていた。意外な言葉を組み合わせると講義でのなぞかけのように「おお!」という感想がもてた。プロが作っているので、実際に自分が真似するのは難しいが、言葉の繋がりを見つけて意外なものと組み合わせたいと思った。

○今後に使える点

講義でのなぞかけ

公募※なぞかけが意外性を引き出すものになると考えていたが、実際読んでみるとこの本はあまり参考にならないと思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする