2018/06/10 ワークショップ【ホビートーク】

●目的

『自分の好きなモノ・コトに興味を持たせる。』

※何故なら他人は自分のコトには興味を持たないから。

●どうすれば興味を持たせることができるのか

①聴衆が教授する驚くべきメソットをいう

・実際に得する情報「へえ」となる知らない情報

・心理的に得をする=いい気分になること

②その理由を自分のエピソードとともに語る

例:「実はこんなことがあったんです」、「いつの間にか…」具体的であるほどよい。

③簡単に始められる方法を提示

上記の内容で話すことで

①自分オリジナルの話題ができる

②一貫した魅力を語ることができる

③聴衆と関係をもつことができる

●3つの間違い

①既知の情報をいう

②あれもこれもいう。

③その趣味を始めるメリットがない。

自分がやってみて(内容:有田陶器市)

思ったように話すことができなかった。陶器市に行くメリットがあれもこれもありすぎてまとまっていなかった。聴衆の反応を見ると反応が薄かったのでもっと、自分が楽しそうに話すのと、実際に行ってみないと体験できないメリットについて語ったほうがよいと思った。

他の人の話を聞いて

身振り手振りがあると話し手に注目しやすい。

表情が楽しそうだとこちらも楽しくなり興味がわく。

内容がわからないものでもイメージしやすいもので例えられると共感できる、興味がわく。(フェス=一体感=B’Z=ウルトラソウル!ハイ!)

最初に問いかけがあると、聞き手はその話を考えるので、話に引き込まれる。

次回目標

身振り手振りをつけ、表情を明るくする。

得点が5(3)だったので→7へ増やせるようにする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする