討論ワークショップ4/17

▼討論において大事なこと

①反対意見を考える⇒反論意見、相手目線

②聴衆の意見も考える⇒相手目線、状況理解力

③自分の意見が通りやすいフィールドづくり⇒定義づけ、目的設定

④納得させる意見情報⇒客観的情報、具体性

▼感想

自分の意見のほうのメリットを探すばかりで相手や周りがどういう反応をするか考えていなかった。具体的な経験を話すことで説得力は増すが、印象、インパクトが強いほうがイメージが残りやすい。フィールドづくりにおいては、相手がどういう返しをしてくるか予想をたてること、どういう場面でのことかを具体的に聞き出す手法がとられていた。意見が割れていても両方をとることができる選択肢があること、手段は様々あることも考えていくのが難しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする