広告コピーってこう書くんだ!読本

○書籍 広告コピーってこう書くんだ!読本

○著者 谷山 雅計

○著者が伝えたいこと

・広告コピーは広告する対象や誰に伝えるかをよく考えなければならない。

・コピーは事実を描写するのではなく、解決につながる提案をする。

・自己満足では人の心は動かせない。受け手のことを考える。

・コピーやアイデアは論理的にとらえる。そのためには下調べは重要。

○感想

キャッチコピーはセンスがある人がインスピレーションで作成していると思っていた。しかし、実際は作成する過程で広告する対象や、受け手についてよく調べて生み出していることを知った。コピーは対象者の問題を解決するものだということが書いてあり、改めて身の周りの電車広告やCMを見たときに納得できた。

○今後に使える点

・キャッチコピーの課題

・アイデアを生み出す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする