世界一やさしい問題解決の授業

○書籍 世界一やさしい問題解決の授業

○著者 渡辺健介

○著者が伝えたいこと

・問題解決案に至るまで、何通りもの筋道を考えて分析していく大切さ。

・原因を見極め、仮設をたて情報を集めていく。

・問題解決案は現実的ではないものでも、多く意見をだしてから検討していく。

・現実的なものでなくても案のヒントになる。

○感想

題の解決に至るまで、問題原因を何通りにもわたって思案することで、その原因に沿った仮説
がだせること。仮説をたてるのにあたり、その根拠を得るための情報収集が必要なことが改めてわかった。
普段問題が発生した際、勝手に根拠のない原因予想をたて雑に解決案をだしていたので、筋道をたてて正確性の高い原因を探っていこうと思った。

○今後に使える点

・ニュース記事作成

・仕事での問題解決

・目標達成のための筋道立て

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする